FC2ブログ

クトゥルフ神話trpg 追記

前の『クトゥルフ神話TRPG』についての記事の追記情報になります。

えっと… 祝(?)クトゥルフ神話TRPGセッション決定!!!

というわけで、KP(ゲームキーパー)こと私、スカレさんが狂気的で、邪悪で、とびっきり冒涜的な冒険にみなさん演じる探索者達をお連れしましょう。(あくまで自由参加です。かなーりヤバめでグロいシナリオを予定していますのであしからず)

ここからが重要なのですが、私がプレゼンツするシナリオの舞台はWWⅠ勝利に沸く1920年代のアメリカ_____つまりは、ラブクラフトの最盛期になります。

良い意味でも悪い意味でも最もアメリカが輝いていた時代ですね。博学なPLならご存知でしょうが、後の世界の重大なファクターにもなった女性の本格的な社会進出、禁酒法によるギャングやマフィアの規模の拡大、自動車の大衆化などが特筆するべき点でしょうか。

そして、当然のことながらその世界観にあったキャラクターでプレイしていただくことになりますので、1920年代のアメリカについて事前の下調べをしているとよりシナリオを楽しめるかもしれません。
例えば、連絡手段なども、当然のことながら携帯電話など存在するわけがありませんので固定電話を使うことになります。その反面、色々な規制が緩いのでコネさえあれば銃火器や裏の情報を手に入れやすいなどの利点もあります(もちろん危険はありますが…)

そしてもうひとつ、私のマスタリングの特徴として、『liberty』があります。つまり、自由。超自由です。(もちろん制限はありますが)
基本的に、シナリオ中では現実で可能な行動ならばどんな行動をとっても構いません。
そして二つ目に『RP至上主義』があります。これは文字通り、ロールプレイがシナリオ攻略に関わってくるということです。これは最近サークルに参加したプレイヤーには少々敷居が高いかもしれませんが、ロールプレイは自然に身につくものではありませんのでいい経験になると思いますよ。

アメリカンテイストのビターなストーリー(予定)をお楽しみください。

あ、参加者はコメントでその旨を記入してください。直前に人数が変動するのも大変なので(笑)




永き夜の夢

皆さんは『cthulhu』というコトバを知っているだろうか。
ハワード・フィリップス・ラヴクラフトによって描かれた冒涜的な宇宙の真理を。
彼が唱えた新しい宇宙、あるいは世界の形は、遣い古された怪物達への恐怖を忘れた現代の人々に衝撃と共に迎えられた。
皆さんは、こう考えたことはないだろうか。「私たちは、実は生きているのではなく、宇宙的に巨大な存在によって生かされているのではないか?」と。
丁度、私たちが飼い慣らしている動物達のように、あるいは水槽の中の色鮮やかな魚や極才色のクラゲのように、ただただ生かされているのではないかと。
熱帯魚などを飼っている方ならわかるだろうが、彼らを飼うためには、水槽やエサだけではなく、水の中に酸素を送るチューブやポンプとそれに流す酸素が必要なのだ。
だがその水槽へ酸素を送るポンプの電源を止めると、たちどころに魚達は窒息してしまうのだ。
ラヴクラフトが唱えた恐怖は、これと似ていると私は考えている。
例え、あなたが一瞬の迷いで魚達を殺してしまったとして、魚達に自分がどうして死んでいくのかは理解できないだろう。まぁ、理解できたところでどうすることもできないのだが。
井の中の蛙、大海を知らず。という諺があるがある。厳密には、いままでの例え話とは無関係だが、想像しやすいかもしれない。
ここで、もうひとつ例え話をしよう。
私たちがいまいる世界が、永劫の未来に棲む神がみている夢だったとしたら。その神の眠りが覚めたとき、滅んでしまうような儚い存在だったとすれば。私たちが「水槽の中の魚やクラゲ」だったとしたら。

ラヴクラフトの物語では、私たちがいまいる世界は魔王アザ=トースのみる夢でしかない。そして、来るべき目覚めのときに全てを凌駕する絶望があらわれるとされている。「荒唐無稽だ」と笑い飛ばす者が大半を占めるなかで、「ありきたりな恐怖」に飽きた極少数の者は彼の小説を神格化した。そうして誕生したのが『cthulth mythos』だ。

そのクトゥルフ神話で描かれる神話的生物は、人には名状しがたき邪悪極まりないな姿を持ち、見てしまうだけで正気を奪い、触れるだけで即死させてしまうようなものばかりだ。そのような冒涜的な怪物達こそが宇宙の始まりであり終わりであるとラヴクラフトは語ったのだった。

これは、現在流行(?)している厨二病や、邪気眼と呼ばれるものとは似て非なるものだ。というか、厨二病や、邪気眼の開祖こそがこのラヴクラフトのクトゥルフ神話なのだが。
ただ、両者には確実に違う点がひとつある。それは「なにが特別なのか」である。
厨二病や、邪気眼の共通点は、「自分は特別だ」と信じ込むことである。だが、クトゥルフ神話では「自分は特別などではなく、夏の汚泥に蠢くボウフラと同じだ」と考えている点だろう。

随分と前置きが長くなってしまった。ここまでラヴクラフトの世界を延々と語ってきた訳だが、結局なにが言いたいんだこいつ? と、思われているころだろう。

それには勿論理由がある。私は、このK.H.Sに「クトゥルフ神話TRPG」を持ち込もうと画策しているのだ。
そろそろ生ぬるい馴れ合いロールプレイに辟易したプレイヤーに粋な計らいをしようとしている。

さあ、至上の恐怖が来る。眠りから覚めし主と共に。





と、ここまで書いてきたわけではありますが、実際にやるかどうかはさっぱりわかりません。

scarletの憂鬱(タイトル詐欺注意)

おっす おらスカレってんだ よろしくな!

お馴染みの小ネタから入りました 最近リーダー(笑)になりつつあることを薄々感じているみんな(?)のアイドルスカレちゃんだ!

夏休み明け 新学期というものは私を憂鬱にします。長い休みが終わり 学校が始まる。生来のメンドくさがりの私は俗にいう9月病患者になってしまうというわけです(笑)

ちなみに、最近のスカレさんはFPSにハマっております 説明するをしますとF(ファースト)P(パーソン)S(シューティング)とは、読んで字のごとく一人称視点のシューティングゲームのことです
残念ながら海外に比べ日本での知名度は低いです 日本だとメタルギアなどの三人称視点のほうが有名ですね
そうすると必然的に洋ゲーのFPSを購入することになります 海外のビックタイトルで言うと「Halo」や「CoD」「BF」などですね

なぜこうもFPSにハマったのか それは、自分自身の直感や勘などを頼りに敵を倒したとき充実感からだと思います(笑

間違いなくkhsでは一番のゲーマー(廃人予備軍)である私も やっていてこんなに楽しいゲームはなかなかありませんね
まぁ、実力勝負なのでストレスも溜まるんですがね(笑)

なんか最近…

なんか最近… なんもありませんでした(笑)

文字色というわけでスカレですぞ 緑色は死すべきですぞ

文字色まぁ、悪ふざけはこの辺までにしますぞ(まだ抜けきっていない)



k.h.sのサイトのプロフィールみた人はわかると思うんですが、私…いえ 自分はアイドルマスターというゲームの我那覇響というキャラクターにベタ惚れしていまして(笑) もうなんていうか結婚するなら間違いなくこの娘だなって感じなんですよね(笑)


そんな響のイメージカラーは文字色浅葱色文字色っていう緑色と青色の合の子なんですよね …え?さっきの発言と矛盾している? それはまあ良いとして


本題に移りますと、なんとアイドルマスターが、PSPソフトになるんですよ(*^^*)
いやー アイドルマスター2ではハードがPS3でしたから親(鬼)の居ぬ間に洗濯…ならぬアイマスでしたが
PSPだと気楽にプレイできそうで助かります

そして今度のアイマスはヒロイン13人を3つのバージョンに分けて発売するそうです

3つのバージョンの内、響が主に登場するのは『ファンキーノート』というバージョンです みなさん覚えました? 『ファンキーノート』ですよ え?覚えにくい? もう…仕方ないなぁ最後にもう一回だけ 『ふぁn(ry

本当に楽しみです!密林(意味深)で予約も済ましましたのであとは発売を待つのみです(´ω`)


なんか今回ステマ乙と言われても仕方ないような駄文だった気もしますが…いつものように大目に見てもらえると助かります(笑)

PS 一体、何が始まるんです…? 第[ピー]次エコー誕生日だ…! 誕生日って今さっき知りました(笑) エコーおめでとう! ちなみに自分の誕生日は7月4日です もう過ぎてる(笑)

故郷(親の)へ…

このページを開いたどなたか かわいい女の子かと思った?残念、スカレちゃんでした!

ということで今日(昨日?)は父方の里帰りをしていました。 といっても同じ県内ですので全く時間はかからないんですけど(笑)
でもこう一年に何度も帰ったりしてると、祖父母と会ってもあまりすることがなかったり(問題発言)

遠い場所に祖父母の家がある人はまた違う気持ちなんですかねぇ… Wiiとかで和気あいあいとかするんでしょうか(笑)

ああ、沖縄行きたいなぁ…

プロフィール

Group K.H.S.(仮)

Author:Group K.H.S.(仮)
TRPGのサークルです。
毎度いろいろやらかしてます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR